滞納には要注意

tainou

最近、家賃の取りっぱぐれが無いという事で、絶対に保証会社に加入しなければいけないという物件がここ数年で急増してきました。

連帯保証人が居ても、そんなの関係なく、保証会社の契約を求められます。

大家さんや、管理会社としては、家賃を滞納されるたびに、保証人に連絡をして、振込を待つよりも、ファックス1枚送るだけですぐに立て替えてもらえる方が楽だし、信頼できるわけです。

「保証人である親が失業して支払い能力が無くなった」「保証人の電話番号と住所が変わり、連絡が取れない」という事が実際に起こっています。

中には、連絡が取れたとしても「そんなん知らん。裁判でもなんでも起こせや」と開き直る人もいます。

なら、事務的に保証会社とやり取りをして、立て替えてもらった方がずっと楽です。

それだけ、督促・回収業務というのは大変な業務なわけです。

そんなことから、保証会社必須の物件がどんどん増えてきています。

スポンサーリンク

保証会社必須物件のデメリット

保証会社必須の物件は、入居者に少なからずデメリットが生じます。

一番大きいのは、保証人がいるのに、考慮されず、保証会社の契約費用や更新料がかかる事。

極端ですが、ユニクロの会長兼社長の柳井氏が保証人になると言っても、関係は有りません。総資産1兆5000億円の日本一金持ちの人だとしてもです。

まぁ、実際はそういうケースは無いでしょうが。。。

次に、過去に保証会社で滞納した人は、同じ保証会社の審査に通らないことが多いという事です。

昔、金遣いが荒く、家賃を滞納していたけど、今は改心してキッチリしています。という人でも、過去の実績が傷になります。

考え方としては、一度滞納した人は、また滞納するだろう。と考えられます。

もっと厳しいのは、信販系の保証会社です。

これは、過去の家賃の滞納ではなく、自身の借金などの状況で判断されます。

ようは、入居審査にクレジットカードの審査をするようなものです。

なので、

・サラ金で滞納・債務整理

・ショッピングローンを使いすぎている

・ここ最近クレジットカードに複数申込

している人などは、高確率で審査に落ちます。

これにより、入りたい物件に入居できないという事が各地で発生しています。

しかし、まぁ、今まで保証会社で滞納したことが無い人や、サラ金などで無茶な借り入れをしていない人は問題なく審査に通るわけですし、いままでちゃんとしてきた人は心配する必要はありません。

過去に保証会社・クレジット与信をつぶしている人は?

こういう方は、とりあえず申込をしてみるというのも手です。

お客様自身が、心当たりがあって、「落ちるだろうな~」思っていても、何の問題もなく審査に通過したりすることはあります。

それに、保証会社も滞納情報を共有しているグループがあるので、それ以外のグループなら、過去の滞納情報はわかりません。

それでもダメなら、保証会社が必要ない物件を探していくしかありません。

なので、今保証会社の契約をしている人は、絶対に家賃を滞納しないようにしてください。

滞納してしまうと、次に引っ越すときに選べる物件が減ってしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。