仲介手数料無料のカラクリ

中手無料

「仲介手数料無料」という看板やのぼりを立てている賃貸不動産屋さんを見ませんか?

注意して駅前の不動産屋さんや、インターネットを見ていると必ず目に付くはずです。

でも、「仲介手数料を無料にして商売になるのか?」と思われる方もいるかもしれません。

今回はそんな「仲介手数料無料」についてカラクリをぶっちゃけたいと思います。

[br num=”2″]

仲介手数料とは?

そもそも、賃貸の仲介手数料とは、不動産屋さんが、「貸主」と「借主」の契約を円滑に進めるために仲介することで発生する手数料です。

金額は法律で定められていて、「貸主」「借主」双方から合計で家賃1か月分+消費税の額を受領できる。と上限が決まっています。

つまり、貸主(=大家さん)が1か月分仲介業者に払えば、借主(=お客さん)は仲介手数料を払う必要がありません。

貸主が半分払うのなら、お客さんも半分だけ払えばいいわけです。

まぁ、商習慣もあり、実際の所、殆どの物件で、借主が満額の手数料を払う(つまりは、貸主は手数料を払わない)物件が大半を占めます。

いずれにせよ、仲介手数料が不動産会社の売り上げになるので、出所はどこだろうと、キッチリ1ヵ月分受領したいのは当たり前の話ですね。

 

なぜ仲介手数料が無料になる?

不動産屋さんの収益の柱であるはずの仲介手数料が無料で良いというのはどういう事でしょうか?

勘の良い方ならすでに気づいていると思います。
そう、貸主から貰えるんです。
さっきほとんどの物件は仲介手数料は100%借主負担って言ってたじゃん?

と突っ込みたくなる人もいるかもしれませんが、その通り。

貸主から仲介手数料は受け取りません。

その代り「広告料」という物件を成約するために費やした広告費用と言うものをいただいているわけです。

札幌だと家賃1か月分~2ヵ月分が相場です。

なかなか決まらない物件には、家賃3か月分以上の広告費を出してくれる物件もあります。

この収入があるから、仲介手数料を無料にしても売り上げが立つわけです。

 

仲介料無料に出来る物件と出来ない物件が有る

先に書いたように、貸主からの広告料には差が有ります。

広告料が高い物件を成約すれば、その分売り上げが高くなり、広告料の低い物件だと、その分売り上げは下がります。
仲介に伴う労力は全く同じなのにです。

広告料が1か月分の物件(Aマンション)で、仲介手数料も取る場合、営業マンの売り上げは家賃の2か月分となります。

しかし、仲介料無料にしてしまうと、売り上げは広告料の1か月分のみ。
別記事 「不動産営業マンの給料」

でも書いたように、売り上げが給料にダイレクトに関わってくるわけですから、売り上げの単価は出来るだけ下げたくない。

そんな時、同じ条件で、広告料が2か月の物件(Bマンション)が有ったらどうでしょう?

Bマンションは、広告料1か月のAマンションより、少し狭く、少し駅から遠く、設備も少しレベルダウンしている物件です。

でも家賃は同じです。

売上が欲しい営業マンは、Bマンションの方を勧めてくると思いませんか?
必要に迫られて、今日中に部屋を決めないといけないお客さんには、Aマンションの存在自体を教えてくれないかもしれません。
だって、AとB両方見学したら、絶対Aマンションで決まってしまうからです。

そして、中には仲介料も広告料も貰えない物件があります。

つまり、お客さんから仲介料を貰えないとタダ働きになってしまう物件です。

何故かというと、物件が良いから、大家さんも強気に出ているケースが多いです。

上記のAマンションより、更に広く、駅も凄く近く、設備も凄く良い物件です。

でも、仲介料無料なら、不動産屋さんはその物件を紹介する意味が全くありません。
だってタダ働きになってしまいますからね。

それだけ良い物件が有るのを知っていたら、仲介料を1ヵ月分払ってでも住みたいと思えるかもしれないのにです。

なので、仲介料無料に拘っている限り、その物件に住むことは出来ません。

仲介料無料と言うのは諸刃の剣です。

初期費用を抑えて契約できるメリットが有りますが、場合によっては「お金がかかってでも入りたいと思える素晴らしい物件を逃すリスク」も有ります。

 

そんな時に使える裏ワザ

仲介料無料のお店で部屋探しをするときに使える裏ワザを紹介します。

最初から「仲介料無料じゃなきゃヤダ」というスタンスで部屋を探すのではなく、仲介料無料だと気に入った物件が見つからないのであれば、

「仲介料が掛かってもいいなら、他にも物件は有りますか?」

と聞いてみましょう。

営業マンからすれば、仲介料無料というしがらみで紹介できない・紹介したくない物件も紹介する事が出来るわけです。

営業マンも仕事でやっているわけですから、なんでもかんでも安くしろだと、良い対応を受けれないかもしれません。

なので、そこは譲るところは譲って、主張するところは主張する。

仲介料無料で入居できる物件と、仲介料が掛かってしまう物件を2パターン出させることが出来れば、損のしないお得な引越が出来ると思いますよ。

ちなみに、不動産売買の世界では、仲介料を割引いたり、無料にするという概念は有りませんので、ご注意ください。
売買で仲介料を無料で、なんて言うと、まともに相手にされないかもしれませんので。

応援クリック有難うございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。