マンション傾き問題は結局誰が悪いのか?

lalayokohama2

現在メディアを賑わせている三井不動産の横浜のマンション。

杭を打った業者の現場担当者がやり玉に挙げられているが、本当に彼らだけが悪いのか、冷静になって考えてみようと思います。

スポンサーリンク

確かに一番の原因は工事データの改ざん

マンション傾きの直接的な原因は、マンションを地盤に固定する為の杭打ち工事業者のデータの改ざんと言われています。

この業界で働いていると分かるのですが、地盤が緩いところに建物を建てると、それこそ5年10年で違和感を覚えたり、基礎のコンクリ部分にヒビが出てきたりします。

その為に、杭を地中の支持層部分まで打って、その上に建物を建てると言う事をします。

なので、その工事に関するデータが改ざんされてしまうと、実際には杭が支持層に届いていないのに、届いた事に出来てしまうわけです。

ただ、この杭打ち工事の為には、建設予定地域の地盤の状況をしっかりと把握した上で杭の長さを計算・設計し、予算を組んでいかなければならないので、いくら杭打ちの業者が設計通り工事をしたとしても、設計段階でミスが有ればどうしようも有りませんが・・・

lalayokohama2

工期に厳しい不動産、建設業界

新築のマンション等はプロジェクトが出来上がり、設計と共に、元請け業者の選定、販売計画等を進めていく訳ですが、どんな事でもそうですがケツが最初に決まります。

つまり、マンションの場合にはいついつまでに、許可を取り、いついつまでに完成させ、いついつまでに完売をさせる。と言うところです。

それから逆算して1つ1つの今するべき行動をしていく訳ですが、なかなかこの期間に余裕が有りません

そりゃ、できるだけ短い期間で完成させた方が経費的な面で大きなメリットが有りますから。

その為、例えば地盤を調査するにも、「時間がないから、5年前に隣で建てたマンションの地盤の調査結果を適用させよう」何て事が昔は結構有りました。(今はどうか分かりませんが)

けどそれって、運が良ければ今回の用地も隣と同じ地盤状況かもしれませんが、運が悪ければ、数億年前に何かがあってココだけ極端に深くなっているかもしれない。

と言う事も可能性として起こりえます。

しかし、時間もないし、出来るだけ安く作り高く売りたい状況下で、いち社員がもっと上の人が決めた事に対して「それは問題が有りますぞ!」なんて言えるでしょうか?

更には、昔規制も緩い中でバンバン建ててバンバン売って出世してきた人が上司の場合、無茶な工期を指示されても、「俺はそれをやってきた」という、どうもならない理由を押し付けられます。

その人がやれて来たのではなく、社会的にそれを問題とする人が居なかっただけなんですけどね。

過去と現在を同じ視点でしか見れない不動産業や建設業のお偉いさんもまだまだ居ます。むしろ多い業界では無いでしょうか。

元請け、下請け、孫請け、ひ孫請けに対する圧力

工事が大きくなればなるほど、それに関わる建設業者が多くなります。

今回の事件は三井不動産ですが、どこの不動産会社も同じで、最初は比較的規模の大きな建設会社に発注します。

その建設会社を元請けAとすれば、A社は下請けB社に仕事を回し、B社は孫請けC社に、C社はひ孫請けD社や1人親方、違法とされている建設作業員の派遣会社などに仕事を回します。

不動産会社がA社に指示した工期は、もちろんひ孫請けのD社や1人親方にも影響します。

もしここで、ひ孫請けのD社から現場に入っている職人がベテランで、このやり方間違っているんじゃないか?と思ったとしても、それを口に出してしまうと、D社は二度とC社から仕事を回してもらえなくなってしまいます

ひどい場合はその場で、今帰ってもらっても良い。

代わりはいくらでもいる。と言う事にもなる様です。

結局元請けのA社から、1人親方まですべてが、親が言う事が絶対で、反発すると仕事が無くなる。

社員の給料を払えなくなり、日当制でやってるところの社員などは、明日からの食事すら心配しなければならなくなる。

こんな、不動産会社や1次元請けからの無言の圧力で「ちゃんとした仕事が出来ない」そういう現場もすごく多いです。

今回の件に関して、まだ解決はしていませんので、細かい事まで言及するつもりは無いですけど、こういう上からの無言の圧力が隠れた原因になっている可能性も十分に有るかもしれません。

ウチは30年経つけど全く問題ないよ。と言う方も居ると思います。

本当にちゃんとした工事がされている可能性は十分に有ります。 けど、 ただ単に運が良かっただけかもしれません。

すこし怖がらせてしまったかもしれませんが、こういう事はごく一部の事ですし、それを気にしてしまうと家やマンションなんて買う事は出来ません。

強いて言うなら築10年以上経った様なマンションで、建物の室内だけでなく、共用部や外観などをしっかりとチェックしたり、地域名+地盤と検索すれば様々なブログや解説、時には公的機関が発表している資料等も確認する事が出来ますので、気にされる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。