賃貸住宅の木造と鉄筋のメリット・デメリット

0e2349f4a5a00d395a43bff25c2a649a

賃貸住宅を探す際に、場所や家賃などの希望が有ると思いますが、木造か鉄筋かという所も重要なポイントです。

札幌に於いては、一般的には鉄筋マンションの方が良いと言う方が多いのですが、鉄筋にもそれなりのデメリットもあります。

今回は、そんな木造アパート・鉄筋アパートでそれぞれどのようなメリット、デメリットが有るかご紹介いたします。

スポンサーリンク

木造と鉄筋、何が違うのか?

木造住宅と鉄筋住宅ではそもそも何が違うのかと言う点ですが、その名の通り、建物の素材が異なります。

木造住宅は、柱などを木で作り、そこにボードなどを組みつけて建物を作ります。

逆に鉄筋住宅は、鉄筋で柱を作るわけではなく、鉄筋を折り曲げて芯を作り、柱や壁の型枠を作り、そこにコンクリートを流し込んで建物を作っていきます。

なので、出来上がった住宅は、木造住宅は木で囲まれていて、鉄筋住宅はコンクリートで囲まれているイメージです。

木造住宅のメリット・デメリット

まずは、木造住宅のメリット・デメリットについて書かせていただきます。

木造住宅のメリット

●鉄筋よりも建設コストが安い為、家賃もお手頃

●木で出来ている為、通気性が良く湿気が堪りにくい

●1本の柱が細い為、室内の無駄な出っ張りを少なくすることが出来る

●札幌では車庫を選べる物件が結構多い(1階車庫、車庫上に2階建てのアパート)

木造住宅のデメリット

●強度的な問題で、広すぎるリビングを作りにくい(20帖超など)

●鉄筋より防音性に劣り、特に足音などが階下に響きやすい

●法令・強度の問題で、高層建築が建てられず、2階建てが殆ど。

このように、木造ならではのメリット・デメリットが有ります。

しかし最近は、木造でも凝った素材を使う事で防音性を高めたりしているところもあります。
また、建設コストが浮いた分、設備にいいものを使うなどで、鉄筋と家賃差の無い物件もあります。

鉄筋コンクリート住宅のメリット・デメリット

次に鉄筋コンクリート住宅について書いてみましょう。

鉄筋コンクリート住宅のメリット

●木造より防音性に優れる

●高層建築物を作ることが出来る

●外観内装コンクリート打ちっぱなしなどのデザイン住宅が可能

●強度的に広い部屋を作りやすい

鉄筋コンクリート住宅のデメリット

●建築コストが高い為、家賃も高くなりがち

●気密性・防寒性が高い分、風通りも悪く結露が出やすい

●4階建ての4階の部屋は、エレベータが無く、階段になることが多い

●古い鉄筋マンションは、24時間換気の設備も整っておらず、所謂カビ・結露マンションが多い

このように、鉄筋コンクリートにもデメリットもあります。
最新の鉄筋マンションであれば、24時間換気の設備が有る為、湿気もそこまで貯めにくい構造となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に札幌では厳しい冬が有る為、木造は寒いというイメージを持って鉄筋を選ぶ方もいらっしゃいますが、正直どちらも寒いです。

絶対に暖房が必要な状況となるので、室内の温度は木造も鉄筋も大して変わりません。

ですので、寒さの視点で木造か鉄筋を選ぶよりも、家賃や音の点で判断した方が良いかもしれません。

個人的なオススメは、木造のメゾネットのテラスハウスタイプ。

1~2階を自分で占有できるため、階下への音も気にする必要はありませんし、同じようなテラスハウスでも鉄筋コンクリート造となると、一気に家賃が高くなってしまいます。

札幌の様な極寒地で賃貸住宅を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。